全身脱毛の基本~どんな効果がある?~

お肌に負担をかけないような脱毛方法自分は敏感肌だから、お肌に負担がかかる全身脱毛の施術は受けることができないという人もいますが、自分で無駄毛が生えているところに剃刀の刃をあてて剃っていると、その度に、お肌に負担をかけていることになります。
全身脱毛の施術を受けて、自分で無駄毛を剃刀を使って処理する必要がなくなると、定期的に、お肌に負担をかけている行為を止めることができるようになります。
脱毛サロンでは、少しでも、お肌に負担をかけないような脱毛方法が開発されていて、自分で無駄毛の処理をするよりも、お肌にかかる負担が少ない場合もあります。
お肌の保湿ケアなどに力を入れているという特徴の脱毛サロンも登場していて全身脱毛が、お肌に負担がかかるとは言い切れなくなっています。

全身脱毛の施術を受けると無駄毛が抜け落ちる原因

全身脱毛の施術には大まかに分類すると、クリニックなどの医療機関が行っている医療レーザーによる脱毛の方法と、脱毛サロンなどが行っているフラッシュ脱毛という方法がありますが、無駄毛が抜け落ちる原因は同じです。
医療レーザーはクリニックなどの医療機関でしか取り扱うことができませんが、医療法で定められた範囲の出力に抑えた光であれば脱毛サロンでも取り扱うことができます。
医療法で定められた範囲の出力に抑えた光を使った脱毛方法のことをフラッシュ脱毛といいます。
無駄毛の毛根に医療レーザーや出力を抑えた光を照射すると、医療レーザーや光の熱によって毛根を構成している、たんぱく質の組織が焼け焦げて毛穴から剥がれ落ちるという仕組みになっています。
クリニックや脱毛サロンでは無駄毛の毛根以外の素肌には医療レーザーや光を照射しないように気を遣ってはいますが、無駄毛の毛根が皮膚の中に埋まっているため、まったく当たらないように施術する事はほぼ不可能です。
そのため、全身脱毛の施術を受けた後には、お肌には熱がこもり火照ってしまったり、乾燥肌になってしまったり、痒みを感じたりすることがあります
これらの現象は、人によって症状の度合いに差がありますが、原理から考えると、素肌に照射するレーザーや光の出力が強ければ強いほど引き起こされやすいということが考えられます。
そのため医療レーザーによる脱毛は、素肌に照射するレーザーの出力がフラッシュ脱毛で使われている光より強いため脱毛の効果も強くなりますが、お肌にかかる負担も強くなってしまうという特徴があります。
そして脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛は、素肌に照射する光の出力が抑えられているため脱毛の効果は弱まってしまいますが、お肌にかかる負担は医療レーザーによる脱毛の方法より軽減されるという特徴があります。
また、レーザーによる脱毛もフラッシュ脱毛も、全身脱毛の施術は一度受けただけでは、自分で無駄毛の処理をする必要がなくなるまでに脱毛されるようになるまでには至りません。
毛周期という無駄毛の生え変わり終わる期間を空けて、何度か脱毛の施術を受ける必要があります。

自分で無駄毛の処理が必要がなくなるまで脱毛する方法

医療レーザーによる脱毛の場合は、一回全身脱毛の施術を受けた直後に無駄毛が焼け焦げて、縮れた状態で抜け落ちていることを実感できることが多いです。
脱毛サロンで行うフラッシュ脱毛の場合は、照射する光の出力を弱めて、同じ部位を六回以上照射して脱毛することを前提に行われている方法のため、一回全身脱毛の施術を受けただけでは、無駄毛が脱毛された効果を実感できないことが多いです。
それでも脱毛の施術を受けてからおよそ一週間後ぐらいに毛根が焦げて組織としての機能を失ったものの毛穴にまだ留まっていた無駄毛が服に擦れた刺激などで自然に抜け落ちる場合があります。
フラッシュ脱毛では、一度脱毛の施術を受けた直後に効果が実感できないからといって、脱毛の施術を受けるのを止めてしまわずに、根気よく定期的に脱毛サロンに通って脱毛の施術を続けることが、自分で無駄毛の処理が必要がなくなるまで脱毛する一番の方法になります。
無駄毛は皮膚の表面だけでなく毛穴の奥にも潜んでいます。
無駄毛が脱毛の施術などによって抜け落ちると、毛穴の奥に潜んでいた別の無駄毛が同じ毛穴から生えてきます。
医療レーザーによる脱毛でも、フラッシュ脱毛でも、攻撃のターゲットとなる無駄毛の毛根が皮膚の毛穴に納まっている状態でないとレーザーや光が届かないので効果がありません。
毛穴の奥に潜んでいる無駄毛が、皮膚の毛穴に毛根が納まるまでの期間を毛周期といい、無駄毛が生えている場所によって差がありますが、およそ二ヶ月から三ヶ月ぐらいとされています。
全身脱毛の施術の場合は、毛周期が長い部位もありますので、三ヶ月期間を空けて次の施術を受けるのが効果的な方法になります。
ここで気をつけたいのは、三ヶ月期間を空けるのは同じ部位の脱毛の施術を受ける場合のことです。
脱毛サロンによっては、全身脱毛の施術を一回の施術で上半身と下半身の二つに分けてどちらかだけを行ったり、さらに細かく全身を四つに分割して、全身の四分の一だけを一回の施術で脱毛する場合があります。
その場合は、施術を受けて部位に関してだけ三ヶ月期間を空ければ問題ないことになります。

自分で無駄毛の処理が不要になるまで脱毛できると生まれる効果

気分も明るく医療レーザーによる脱毛の場合だと脱毛の効果が強いので無駄毛が薄い人の場合は、およそ五回から六回ぐらい全身脱毛の施術を受けると、自分で無駄毛を剃刀で剃って処理する必要がなくなるまで脱毛できるようになります。
脱毛サロンのフラッシュ脱毛の場合は脱毛の効果が医療レーザーよりは抑えられているので、およそ十回から十二回ぐらい全身脱毛の施術を受けると、自分で無駄毛を剃刀で剃って処理する必要がなくなるまで脱毛できるようになります。
脱毛の施術を受ける期間が長ければ長いほど必要がかかる月額制で全身脱毛の施術を受ける場合は、次に同じ部位の脱毛の施術を受けるまでに空ける期間の間隔は最低限の二ヶ月にしておいたほうが費用がかかりませんが、脱毛の施術を受ける期間が脱毛の料金に関わらない回数セットの料金体系の脱毛の施術を受ける場合は、次に同じ部位の脱毛の施術を受けるまでに空ける期間の間隔を三ヶ月ぐらいにしておいて、残りの全身脱毛の施術回数が一、二回ぐらいになってきた頃には、残っている無駄毛は少なくなってきているため、次に同じ部位の脱毛の施術を受けるまでに空ける期間の間隔を、およそ四ヶ月から五ヶ月ぐらいにしておくと効率的に脱毛の効果を得ることができます。
自分で無駄毛を剃刀で剃って処理する必要がなくなると、単純に手間が省けます。
そして、素肌に剃刀を当てる行為は多かれ少なかれ、お肌に刺激を与えていますので、それが原因で、お肌が、いわゆる剃刀負けといった皮膚の炎症を引き起こしたり、ちょっとした不注意で出血して傷ができてしまったりする可能性があります。
このような、お肌の負担がなくなるため、お肌のコンディションが上がることになります。
海水浴などは、天候に左右されるので、突然お誘いを受けることもありますが、そんなときに慌てることもなくなります。
また、フィットネスクラブなどお肌の露出する機会が多い場所に通っても安心です。
急に身体の具合が悪くなってお医者さんに見てもらうときに無駄毛の処理などとてもできませんが、全身脱毛されていれば、問題ありません。
そして、洋服を選ぶときも隠す場所を気にして選ぶ必要がなくなり、気分も明るくなれます。